今、インスペクションが注目

建築士会インスペクター養成講座に出席しました。
国土交通省は平成25年6月にインスペクションガイドラインを策定し、中古住宅売買時の利用を前提としたインスペクションの指針を示しました。アメリカ、オーストラリア、イギリスなどでは、不動産取引の際に第3者が行うインスペクション(住宅診断)が普及しています。 日本では全国の空家数が820万戸を超え、中古住宅の流通を活性化させる取り組みが活発化しております。インスペクション(既存住宅現況検査)により消費者が安心して中古住宅を取得でき、空家減少につながることが期待できます。

日本は「つくっては壊す」社会から「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会に転換を図るときがきました。

|Category  topic